福島の子ども達を招待し、禅キャンプ

当寺住職が顧問を務める四国地区曹洞宗青年会は7月27日から30日の4日間、原発事故による放射能物質などを懸念して野外生活を控えている福島県の子ども達を招き、高知県いの町で「こども自然ふれあい広場」を開催しました。

四国内のご寺院様より募った支援金で福島の子ども達20名を夏休みに招待しており、今年で4回目となります。

四国の子ども達40名と一緒に修行体験(坐禅・読経・作務等)、共同生活、外遊びを通じ、四国と福島の子ども達の交流も深めました。11755901_845446055532295_5190880699955759149_n11807741_1652562738295094_5918822272639208643_o11807408_1652867111597990_7634987794711455420_o10562766_1652867361597965_5635164510296039353_o